脳と精神の実験室

運動と坐禅とエビリファイ1mg

はじめまして

 気分循環性障害と診断された24歳です。

 自己診断では愛着障害と、それに伴う二次的なうつ病

 服用している薬は、エビリファイ1mg。

 

 不安な人どうしが情報交換できるように、

 ブログを作って回復の経過を共有できたらなと思っています。

 

 精神疾患に対して脳科学の見地から調べています

 

 病気を通して、

 自分も脳を調べる立場になれないものか、と考えています。

 

私が具体的に実現したいこと

 

 精神の病気は実は神経などの問題であって、

 それが自分の「気分」や「心の在り方」になっていると気づいてほしい。

 「心の持ちよう」は原因ではなく、結果である。

 また、こうした科学に基づいた考え方が社会一般に広まってほしい。

 

 サイエンスが進んで実際に病気に対する治療法が進んでいる。

 投薬の治療だけではなく、運動や神経栄養学などを提供していくことで、

 総合的な治療方法を提案したい。

 

 精神疾患のバイオマーカーが見つかり次第、健康診断の必須項目にする。

 そして治療をしっかりとする。

 子どもたちが生涯に渡って精神疾患のリスクが高まってしまうことを防ぎたい。

 子どもたちが病気を原因に可能性を失うことを防ぎたい。

 

 

 大学に行って脳について研究したい。

 とはいえ、お金もないので、少しあきらめムードでもあります。

 奨学金の返済も年金の在学猶予分の支払も残っています。

 なにか、関連した仕事に就けないものかなぁ。。。

 

 会ったことのない祖母が精神病院で自殺していることが、

 僕に使命感を植えつけている気もします。