気分循環性障害の実験室

デパケン100mgとエビリファイ1mg

暗めな(あるいは振り返りの)話 1

いわゆる(負の連鎖)

 

 0.母親が精神疾患 母親からの遺伝
  ↓
 1.母親が子どもを虐待・脅迫する
  ↓
 2.子どもの認知行動が歪む
   扁桃体が暴走しやすい(不安が強い・気分循環)
   主体性の喪失(一時的に自由を奪われる)
  ↓
 3.外部の事象に対しての反応が不適合
   安定的な関係の構築ができない
  ↓
 4.重度の精神病への移行
   依存・大鬱・現実逃避・乖離(自己同一性の喪失)
  ↓
 5.脳の萎縮・社会的な孤立
  ↓
 6.鬱などの再発



www.youtube.com

 

 父母について

 

 母親には環境的に追い詰められた

 ・不安感情を暴発させて、周囲を脅迫する

 ・感情の安定性がなく、ダブルバインド

 ・都合の悪いことを忘れる、虚言癖

 

 一番上がダメージが重かったのでしょう。

 自分の不安障害の原因はここにあると考えています。

 母親はいわゆる境界性人格障害ですね。 

 

 父親はそういう母親を止めなかった

 ・父親自身がストレスに強かった

 ・子育てに関して母親が強権的であり、父親が無関心だった

 ・父親が母親を「悪い人じゃない」と言い続けている

 

今しているのは?

 

 2「扁桃体の暴走」と5「脳の萎縮・社会的な孤立」に対して、対処をするようにしています。

 今は4「大うつなどの重度精神疾患」の状態ではありません。

 3の「不適合な反応」状態までは些細なことから、人生に関わることまで、

 たびたび陥ってしまうことがあります。