気分循環性障害の実験室

運動と坐禅とエビリファイ1mg

つらく思うこと 2/28

脳科学的見地にこだわっていますが

 

 つらいものはつらいのでちょっと吐き出します。

 

お金のはなし

 

 お金がないことが不安になったりします。

 

 どれくらいお金がないかというと、

 奨学金の600万円

 年金の学生特例75万円

 の負債があります。

 

 普通の人でも少しは不安になる額じゃないでしょうか?

 奨学金を借りて通った学校でしたが、4年間の目標は「死なない」ことでした。

 そもそも、大学に行かないと「死ぬ」くらいに不安だったので、

 行かないという選択肢はなかったのですが。

 

 不安になることも今日のようにありますが、

 「資産取り押さえられても大丈夫だ」

 「路上で暮らしたらいいじゃないか」

 というよくわからない悟りのようなものを感じることもあります。

 

メンタルのはなし

 

 ここ2日間どうも調子が悪い理由の一つは、お金の心配な気がします。

 勉強が手につかない。

 

 不安やうつをどうにかしようとすると、

 時間とお金を使わないといけなくなる。

 

 たとえばランニングをしてみる。

 そうすると、その過程で飲み物を買う。

 銭湯に行く。帰りは電車に乗る。

 

 この一連のケアで1日が潰れる上に、

 出費もかさんでしまいます。

 

 あと、以前よりも

 「無理な日は無理」という日が増えてしまった気がします。

 昔は日記つけていなかったから、わかないけれども…

 

 その分、波をどうにか小さくしていたり、

 どうにかコントロール方法を利用して早期回復を目指したり、

 という方法論をを上達させているような感覚です。

 

 依存を抑えられたり、

 自己観念の奔逸が起こらなくなってきたり、

 という実感もあります。

 

クオリアのはなし

 

 クオリアはどんどんと変わっていきます。

 「これでいいのか?」という疑問を起こさせないほどに。

 

 特に感じるのは、視界の変化。

 以前より色が穏やかで鮮やかになった印象があります。

 最近では、撮影画角の違うレンズを付け替えたような感覚もあります。

 

 あとは、世界に対して少し慣れていないような感覚。

 離人感とはちょっと違う。

 これが、エビリファイ1mgの「易刺激性の緩和」でしょうか?

 

 少しのことに動揺しなくなっただけ、

 キレイなものにも鈍感になっていく気がしています。

 胸がキュンキュンしにくくなってきた。

 

 でも、好きな作家の死で号泣して、

 悲しいという感情もあまり感じないのですが、

 自分がまだどこか深いところで残っているなぁ、

 とも感じる瞬間もあるのです。