気分循環性障害の実験室

運動と坐禅とエビリファイ1mg

友人に見送られ

最近の事情

 

 病気が良くなってきました。

 

 気分の波、強い依存、強い不安が改善されたと同時に

 自分の中になにか統一された感覚が生まれてきました。

 

 一方で今までとは異なるクオリアの中で暮らしています。

 視界は鮮やかですが、自分が世界に慣れていない感覚も減ってきました。

 そして、頭が少し鈍くなったようにも感じられます。

 

 そんな中、この度24歳にして大学を卒業しました。

 内定を出してくれた会社に行こうと思っています。

 

 昨年就活をしていた頃は、

 「内定が取れないと死ぬ」という不安と、

 自己分析するほど「自分が2人いるように感じられる」BPD的な症状に

 襲われていました。

 

 やはり内定先をポジティブに志望していたわけでなく

 よくわからないままに内定をいただきました。

 

エンジニアになりたい!

 

 内定をもらったあとの半年間で、

 「自分の中になにか統一された感覚が生まれて」きました。

 ということで、「エンジニアになりたい!」と考えるようになりました。

 

 就職先に行く前に、エンジニアの友人に見送りをしてもらいました。

 そこで、エンジニアになる算段を話しました。

 

 働きながらオンラインサービスで勉強して

 しかも、就職を斡旋してくれるプログラムがある。

 それを活用して、エンジニアになろうと思っている。

 

 というものです。

 

聞かれた3つの質問

 

  1.  その方法で本当に専門性はつくのか
  2.  その専門性は、本当に欲しいものなのか
  3.  そもそも、自分が専門性を持っていないと解決できないのか

 

1. その方法で専門性はつくのか

 

 I don't know!

 

 友人によると、

 エンジニアの専門性は簡単につかないよ、

 とのことでした。 

 

2. その専門性は、本当に欲しいものなのか

 

 NO!

 

 エンジニアの専門性といっても、

 様々な方向性があります。

 

 たしかに、僕の欲しいと思っている専門性とは

 ちょっとずれている分野を学ぶことになります。

 

3. そもそも、自分が専門性を持ってないといけないのか

 

 NO!

 

 他の優秀な人に作ってもらえば、 

 それで話はもっと早いはず。

 

 それでも、自分の価値観が、

 「つくる」だとか「職人」だとか、

 そういうことばに憧れが強いから…

 

ということで、

 

 内定先に行く気持ちが揺らいでいる、という話でした。