マルトリートメントの実験室

ランニングと人工知能と神経科学と神社・お寺(とハロプロ)

東京へ帰る①

 倒れた。

 感情が収まらなくなった。

 怒り、高揚、不条理。

 

 と思えば、副腎が痛む。

 海馬がやられていく感覚。

 眠れない。

 

 身体的疲労感に襲われる。

 

 と、思えば再び、

 怒り、高揚、不条理。

 

 さらなる身体的疲労。

 

 ヤブ医者。

 怒りと徒労感。

 

 私は上司に病状を伝えて、休みを取ることにした。

 

火曜日は功刀外来の日

 

 起きるとともに思い出す。

 そして心理士に連絡を取る。

 

 「今日、診察を受けられそうですか?」

 

 どうも、なんとか受けられそう。

 新大阪へと急ぐ。

 10時半ののぞみに飛び乗る。

 

 気付いたら熱海城が見える。

 寝ていたらしい。

 

 品川から高田馬場、そして西武線で萩山まで。

 

ここは国立精神神経医療センター

 

 13時半に到着。

 3時間で着く。心理的距離が縮まる。

 

 疲れて、受付を忘れて、待合席に座りこける。

 気付いて、受付へ。とても混み合っているとのこと。

 なんとか診察を入れてくれた医師に感謝。

 

 診察。

 指導を受ける。少し落ち着く。

 「東京に戻ってきたら」と言われる。

 そう、何もかも置いてきた。一刻も早く戻りたい。

 

 そして、心理士の方に会う。

 相変わらず、どこまでも優しくて、どこまでも面倒をみてくださる。

 

小杉湯

 

 国分寺を経由して、中央線に乗る。

 そう、高円寺の小杉湯へ向かうのだ。

 

 中央線。

 毎日の足。懐かしいオレンジ。

 

 純情商店街を抜けて、銭湯へ。

 

夕餉

 

 疲れて、会いたいのは。

 ちょっと友人を待つことに。

 

 カラオケで休む。会社の同期に連絡する。

 「休んで東京に来た」というと、

 「カラオケ三昧だね」と返される。

 

 高円寺に友人がつく。

 

 くじら、カレー屋。

 美味しかったのは、一緒に食べるから。

 ありがとう。

 

新宿区役所前 ホテル

 

 さまよう歌舞伎町。

 

 初めてのカプセルホテル。

 ぐったりしているけれど、あまり眠れない。

 

 窓から見える、花園神社。

 

 おやすみ東京。